●革との出会い

革との出会いは、小学生に遡る。野球のグローブが買えなくて、友達のグローブを借りて、近くの広場でキャッチボールした。左利きの自分は、右利き用のグローブを逆に手を入れてキャッチボールしたことも。。。そしてついに野球のグローブを買ってもらった。そしてクリームをつけて手入れを一生懸命した。その時の革の匂いが忘れられなかった。


●社会人になり革を手に入れる

気に入っているのは、万双のダレスバッグ、i-storyのシステム手帳がある。

 
万双


●メッシュのカバンが壊れた。(スタート:2016年1月:手縫いで行う)

メッシュのカバンの角が擦り切れてしまった。まだ買って1年もしないのに。。。本革で角を補強することにした。そして外側にポケットを新たに作ることにした。


 

 


●革を購入

カバンに合う革を購入する必要がある。インターネットやオークションで購入するにも写真でしかわからない。肌触りや柔らかさがわからない。なのでお店に行くことにした。私は名古屋に住んでいるので、名古屋の東急ハンズもあるが、レザーショップ専門のお店をネットで探すと、「レザーパレット」(名古屋市緑区)さんや「レザーマニア」さん(半田市)が見つかった。そしてレザーマニアさんに行くことにした。なおここのお店は、毎月20日から末日で通常価格の3割引きらしい。(2016年現在)、後でわかったことだが、名古屋栄の東急ハンズの革コーナーは、レザーマニアさんの商品がいっぱい置いてあった。


●革用道具の購入

革用針、糸、菱目パンチ、菱目キリの購入


●レトロな足踏みミシンの購入

手縫いも魅力的だが、やっぱりミシンで縫いたいと思った。ネットで革を縫えるミシンを調べるとどうやら家庭用ミシンではムリな感じがした。やはり工業用ミシンとなってしまうが、ミシンの値段が格段に上がってしまう。そもそもちゃんと縫えるかどうかもわからないのにミシンなんて買えない。ミシンが重いしスペースを取られる。またネットで調べると古いアンティークミシンが、どうやら革を縫えるみたい。


●SINGER ミシン 188 PRO をネットで購入した。(2016年3月)

アンティークなミシンである。電動ではなく足踏み式にこだわた理由は、50歳を過ぎてから体を動かすためである。


●革が縫えるか改造する必要がある。

通常の布であれば問題ないのだが、革を縫うためにはミシン針が違ってくる。針と糸との関係も影響してくる。ここでは、その関係をメモすることにする。>ミシン針(DB×F2 #23) に対応した鉄板を探した。その場合穴の大きさは、針板 (工業用標準) 針穴サイズ厚物2.6mmになるようだ。


●ミシンが縫えない・・・・

SINGER ミシン 188 PROを回すが、針が釜に当たる。。。原因がわからない。。。。ネットで調べたら、ミシンの回し方が逆だった。時計回りではなく手前に回すのが正解だった。(さすが素人である。)ミシン針の鉄板を購入したが、形は合っているのだが、サイズが合わず使えなかった。(鉄板代金がムダ金になった。)回し方がわかったのだが、下の糸が出てこない。。。。2日かけて悩んだ。。。原因は、針のつけ方と、糸を針のどちらから通すかであった。ちなみにこのミシンの針は、平らな面を右にして、針を左から右に通したら、下糸が出てきた。(さすが素人である。)あとは、下糸と上糸の強さを調整したら無事縫えた。


 

 

 


●ミシンのパワーが出ない・・・・ストップモーションの解除

やっとミシンが縫えるようになった。次は、厚物の革が縫えるか試してみたくなった。厚物の革をセットして縫い始めると、針が刺さらない。そしてミシンを回しても空回りする。。。そしてネットで調べると、 「ストップモーション」という用語が出てきた。「これは何?」さすがに素人である。恐る恐るネジを外す。

ネジを外すとこんな感じ。。さすがに素人である。恐る恐るネジを外す。

一番外側の座金の表裏を変える必要があるみたいです。

座金を外した写真

座金の写真

座金を表裏を変えて付けた状態で再度セットしたら、ミシンが空回りしなくなりました。


●23番用の針が使えるように針板を購入したが、サイズが合わない

やっとミシンのパワーが出たら、ヤフオクで購入した23番の針でも通る針板をセットする。

しかし、下の送り歯と針板(26)が当たってしまった。

ネットの写真をよく見て購入してもだめであった。さすが素人である。23番の針が使えないと太い糸も使えない。なので、一生懸命、singer 188 professional用の送り歯と針板を探したが見つからなかった。とりわけ素人なので、町のミシン屋さんとは交流もないし、ましてや古いミシンとなるとお店を探すのが難しくなる。

素人で考えたのが、針板と送り歯を自分で調整することであった。まず送り歯が針板の上にあまり出なくなった。そこでネットで調べると「送り歯スペーサー」というものがあることを知った。どの位送り歯を上げたらよいか調べることにしたが、

なんと送り歯のネジが全然緩まない。。。。。さらにドライバーも回しにくい。。。。。そのため、次の「ラチェットハンドルセット」というものを購入し、やっとネジを緩めることができた。


 
 


●送りスペーサーをワッシャーで代用する

ワッシャーは、近くのホームセンターで1枚2円で購入した。


 


●ワッシャーをつけたら、針板に当たった。

ワッシャーをつけて、ミシンを回したら、上の針板に当たってしまった。どうしたらよいか。。。。。

なおこのミシンには送り歯上下調整機能はありませんでした。


●針板を削る

針板を削るという行為は、ネットで調べても出てこなかった。自分がやろうとすることはおきて破りなのか?。。。。。

近くのホームセンターで極細ヤスリを購入した。


 

送り歯と当たる部分をヤスリで削る。


 

上手く削ることができ、送り歯と針板が当たらなくなった。


 

裏から見たら、こんな感じです。


 


 

●手回しの改造(2016年4月)

もともと足踏み式のミシンであるが、手で回す必要になったが、手のひらで回さなければならなかった。とても疲れる。。。

ヤフオクで、手回し用のハンドルを購入した。(価格は送料込みで4500円)とてもカッコいい。なお、出品者の方と何度もメールさせてもらい、ぴったりはまるように旋盤で削っていただいた。(感謝!!)