当協会では年1回11月13日(あいさつの日)にあいさつ大賞を発表しています。

2016年 第6回 あいさつ大賞 受賞おめでとうございます!!

応募作品:175作品  多くの皆様のご応募ありがとうございました。

前回までは、川柳等の作品でしたが、今回から新しい「あいさつの仕方」について公募することとなり、応募される方がいらっしゃるのかどうか心配でしたが、全国の方から多くのご応募をいただきとても感謝しています。

 

当協会の審査委員による厳選なる審査を行い、「新しいあいさつの仕方」と「その内容の説明」について優秀な作品として、金賞1名、銀賞1名、銅賞1名、佳作5作品の合計8作品を選ばせていただきました。

入賞及び佳作の皆様には、表彰状及び商品券(入賞者の方)にお送りいたします。

以下、作品を掲載いたします。

金賞


・学校でのあいさつについて、新しいアイデアだと感じました。「ハロー」と言いやすいフレーズですし、「挨拶貯金」も面白い発想ですね。

銀賞

・家族会議を実施しているところが素晴らしいですね。この作品を見て、あいさつ地蔵も思わず前歯の歯ぐきを丸出しにしてしまいました。

銅賞

・新しいあいさつの言葉ですね。あいさつ地蔵も使って行きたい。

佳作

・あいさつ地蔵の知り合いで、毎日同じ赤色の同じネクタイをしている人がいました。そうしていると女性社員から、「なぜ毎日同じネクタイをしているの?」と聞かれたそうです。相手から注目されるような、仕掛けをあえて作るのも面白いですね。

・あいさつ地蔵は相手の名前を覚えるだけでも大変なのに、共通のエピソードを記憶にとどめて言うのも大変ですが、相手にとってはうれしいことですね。

・あいさつ地蔵は、最近古文を忘れてしまっているなあ。響きもいいし何か広まりそうな気がしますね。

・「カラーカード」の取り組みは、学校だけでなく職場でも使えそうですね。ちなみに、あいさつ地蔵は「空色(みずいろ)」です。

・イメージをするだけで何か楽しくなりそうです。どこかの職場で課長と部長とで「おすそわけどん」をやってほしいなあ。